qa
任意売却専門の会社と一般の不動産会社との違いって何?

はじめに

住宅ローンが支払えなくなり、任意売却を考えても家が売れない場合があります。
任意売却で家が売れない場合は、銀行などの債権者の取り立てによって競売にかけられます。しかし、家を競売にかけても必ずしも売れるという保証はないため、さらに特別売却を利用して処分することになるでしょう。任意売却で家が売れない場合の対処の仕方についてご紹介します。

任意売却で家が売れない場合の対処法

任意売却で家が売れない場合、住宅ローンなどの債権を回収する手段の一つとして競売にかけられることになります。
銀行などの債権者は裁判所へ競売申し立ての申請を行い、任意売却では売れない不動産を差し押さえて処分した後、競売で売却した代金から住宅ローンなどの回収をはかります。
あなたが自宅を競売にかけられてしまったことを知るのは、裁判所から「競売開始通知書」という書類が届いたときです。
競売で行われる入札方法には期間入札と期日入札がありますが、期日入札は入札日に開札を行う方法で、1日で落札者が決まります。
通常はたった1日で競売が終了することはなく、1週間~1ヶ月程度の一定の期間を定めて入札を行う期間入札の方法が採用されています。
競売では、入札者の中から一番高い入札金額を入れた人が、早い者勝ちで競売物件を落札できます。
一番高い入札金額と言っても家が競売にかけられると、一般的な市場価格より大幅に下回る金額で落札されてしまいますから、できるだけ任意売却で売りたいものです。
家が競売で売れるまでにも時間がありますから、この時間を有効に使って少しでも高く売ることのできる購入者を探しましょう。

入札開始前なら差し押さえの取り下げができる

競売にかけられると、新聞やネット上に物件情報として自宅が掲載されて家の購入者を探すことになります。
しかし、入札開始のギリギリまで裁判所への申請を取り下げて、自宅の任意売却を行うことが可能です。
任意売却で自宅が売れそうな見込みがある場合は、銀行などの債権者に相談すれば、裁判所に差し押さえの取り下げの申請をしてもらえます。
ただし、競売が開始された時点で差し押さえの取り下げができなくなりますから、それまでに任意売却を行う必要があります。
競売が決まった時点で差し押さえを取り下げることも視野に入れて、少しでも家を高く売るための方法を考えましょう。

競売で売れない場合は特別売却の制度を利用

競売を開始してから家が売れるまで早くて半年、遅ければ1年以上時間がかかることがあります。
競売の買受可能価額以上の入札があれば先着順で落札されますけど、1回目の競売で落札者が出ない場合があります。
落札者が出ない場合は、次の売却の手段として「特別売却」と呼ばれる制度が利用できます。
特別売却では売却の期間が定められており、売却期間中に一番先に入札を申し出た人に落札の権利が与えられます。
ただし、競売物件が売れ残るのにはそれなりの特別な理由がありますから、特別売却でも売れない可能性があります。
特別売却でも売れない場合は売却価格が見直されて、再度競売にて入札を募集することになります。

特別売却でも売れない場合は再度価格の見直し

特別売却で売れない場合は、再度売却価格の見直しが行われ、特別売却と競売の入札を繰り返すことになります。
売却価格はどんどん下っていきますが、一般的な物件であればそこまでして売れないことはないでしょう。
競売で家が売れた後は所有者が代わりますから、自宅の処分や立ち退きが求められます。
しかし、所有者が代わったとしても賃貸にしてもらい、そのまま自宅に住み続けることができるケースがあります。
引っ越しする際には、引っ越し費用や新居を借りる費用が必要になりますから、自宅を競売で落札した人に交渉してそのまま住み続けたほうが、引っ越し費用などを安くおさえることができるでしょう。

最終的に売れない場合は競売の取り消しが可能

競売と特別売却を3回繰り返しても家が売れない場合は、競売そのものが取り消しとなります。
競売で売れない物件はそうとう安い売却価格になっていますから、親族間で引き取れる人が買い取ることも可能です。
まったく赤の他人に売却するより親族に売ったほうが、後で自宅を取り戻しやすくなるのではないでしょうか。
競売はランダムに行われるため親族に売るのは難しいですから、できるだけ任意売却で売却したほうが良いでしょう。
競売の手続きが完了するまで、半年から1年程度の時間的な余裕がありますから、引き取ってもらえそうな人を探しておくことをおすすめします。

まとめ

任意売却で家が売れない場合は、競売が行われます。競売でも売れない場合は、特別売却という制度が利用されます。特別売却でも売れない場合は、再度売却価格が見直されて競売の繰り返しとなります。多くの物件は特別売却までに落札されることがほとんどで、競売の取り消しとなることは滅多にありません。特別売却あたりが、任意売却で家を売れない場合の最終手段となるでしょう。
売れない場合は、任意売却以外に競売という選択があります。競売でも売れない場合は、最終的に特別売却を利用できます。競売と特別売却を繰り返して家を売ります。
売れない場合は、任意売却以外に競売という選択肢があります。
任意売却で、売れない場合ってどうなるの?

はじめに

生活保護を受給するには一定の条件があり、預貯金や不動産がある場合は申請することができません。不動産を所有している場合は、先に任意売却しておく必要があります。不動産を任意売却した後でまだ生活費などが足りない場合に申請できます。不動産を任意売却した後で、生活保護を受ける場合の申請の流れについてご説明します。

生活保護申請から認定までの流れ

生活保護を申請するには福祉事務所へ行き、福祉課の職員と面談して生活の貧窮状態を説明する必要があります。
福祉事務所がない地域の場合は市区町村の役所が窓口となり、生活保護の申請を受け付けています。
役所の福祉課の職員から申請するための条件について説明を受け、いろいろな質問に答えていきます。
生活保護の申請をした後で、預貯金や不動産や自動車などの所有に関する調査、親族に確認する扶養照会などの審査を経て、保護を受けることができるかどうかが決まります。
以下にその条件について書いておきましたので、それぞれの条件をクリアしてから申請するようにすれば、早くて2週間遅くても1ヶ月以内に受給することができるでしょう。

生活保護を受けるためのさまざまな条件

生活保護を受けるには一定の条件があり、貯金や資産がなく、仕事ができるかどうかがポイントになります。
仕事先が見つからなかったり、病気で働けない場合は、病名と病院の診断書などの証明が必要です。
不動産を所有している場合は資産にあたりますから、任意売却を行った後で不動産をお金にした後で、それでも生活費が足りない場合に申請することになるでしょう。
持ち家があったとしても受給できる場合がありますけど、住宅ローンを返している場合は不動産の任意売却が必要になります。
仕事をしている場合や年金を受けている場合でも、毎月暮らしていける生活費が足りなければ、受給できる可能性があります。
自動車を持っている場合は売ってから申請しなければならず、生命保険に加入している場合も、お金に換えることができれば保険を解約して生活費にあてなけれなりません。
住宅扶助の制度もありますが金額に上限があり、家賃の高い賃貸住宅に住んでいる場合は引っ越ししなければなりません。
最後に、「扶養照会」と言って頼れる身寄りがあれば、親族に養ってもらえるかどうかの審査もあります。

生活保護の申請にかかる時間はどれぐらい

生活保護の申請にかかる時間ですが、個人差もありますが基本的な条件がクリアされていれば、2週間以内に受給できるかどうかが決まります。
調査に時間がかかる場合もありますが、遅くても1ヶ月以内には審査結果が出るとのことです。
受給希望者の数の多いところなど申請する福祉事務所の状態にもよりますから、申請するかどうかはともかくとして役所の福祉課の職員に相談されてみると良いでしょう。

不動産を任意売却後に申請

不動産を任意売却するには、銀行などの債権者に売却する意思を伝えましょう。
その後、家を売るためにネットやチラシなどに広告を出し、買い主が決まれば引っ越すことになります。
家を売却した金額から、債権者に住宅ローンを返済します。
住宅ローンの残高より家が高く売れれば、生活保護を受ける必要はなくなりますが、借金が残った場合は自己破産をしなければいけなくなるでしょう。
生活保護費から借金を返済していくことはできませんから、自己破産などの手続きを行った上で申請することになるでしょう。

不動産の任意売却にかかる時間はどれぐらい

不動産の任意売却にかかる時間ですが、購入者が決まるまでとなります。
任意売却より早い方法に競売があり、住宅ローンを滞納している場合などは、銀行などの債務者によって競売で自宅を処分される可能性があります。
競売にかけた場合は売却価格が大幅に下ってしまいますけど、早くて半年~1年程度で売却することができます。
住宅ローンの残高がかなり残っている場合は、任意売却に成功したとしても、かなりの負債を負ってしまう場合があります。
生活保護から住宅ローンを支払うことはできないため、その場合は役所の福祉課の職員に相談してください。
住宅ローンを支払うことができず、貯金が底をつき、手元に現金がほとんどないような状態であれば、生活保護の申請が通る可能性があるでしょう。

まとめ

生活保護を申請するには、不動産の任意売却を行った後になります。
任意売却には、かなりの時間がかかります。住宅ローンを支払うことができず、自宅を競売にかけられた場合の期間は、半年~1年程度です。生活保護を受給する場合は、そこからさらに時間がかかります。不動産の任意売却まで含めれば、審査に相当な時間がかかりますから、早急に任意売却の手続きを取ることをおすすめします。
生活保護の受給には一定の条件があり、預貯金や不動産を持っていると受けることができません。受給する前に、不動産の任意売却を行っておく必要があります。
生活保護を受けるためには、任意売却をする必要があります。
任意売却後、生活保護を受ける場合の申請の流れ

はじめに

平均的なサラリーマンは、60~65歳で定年退職しています。多くのサラリーマンは収入が途絶えそうな定年までの年齢に、住宅ローンの完済を目標にしてプランを組んでいます。家の購入価格にもよりますけど、30歳のサラリーマンの場合は65歳の定年を目標に35年ローンを組むという感じです。住宅ローンの完済年齢の平均は、どれぐらいになるのでしょうか。

住宅ローン完済までの平均期間

多くのサラリーマンは、収入が安定してくる30歳以降に住宅の購入を考えるようです。
その場合の住宅ローンの返済プランとして、20年~35年の5年刻みでプランが提供されています。
しかし、サラリーマンが最長の35年ローンを組んだとしても、ボーナス払いや繰り上げ返済などを利用すれば、もっと早く返済することが可能です。
多くのサラリーマンの返済期間を見ると、平均14年程度の短い期間で完済できています。
30歳の男性であれば、44歳のときに完済できる計算になります。
ボーナス払いや繰り上げ返済などでどれぐらいの金額が返済できるかは予測がつきませんけど、支払いを短くしたいと考える人は少なくありません。
ただ、毎月の支払いを多くすると生活が苦しくなってしまいますから、どのように支払っていくかは人それぞれで返済プランが異なっています。

完済時の上限年齢は80歳

一般的に銀行は、完済時の上限年齢を平均80歳程度に設定しています。
これは何を意味するかと言うと、上限年齢を上げることで借入時の年齢を上げることができます。
銀行は多くのサラリーマンにお金を借りてほしいと思っていますから、より多くの人に融資するには条件の枠を上げる必要があるのでしょう。
平均80歳というのはあくまで銀行が決めている設定ですから、実際には多くのサラリーマンが無理のない範囲の年齢で借り入れをしています。

借り入れ時の年齢は65歳

銀行は借入時の年齢を平均65歳程度に定めていますが、この年齢は定年退職が目安となっています。
銀行によって多少の差はありますけど、定年退職するまでに住宅ローンを申し込む必要があります。
30歳あたりで申請すれば、65歳までに完済できる返済プランが成り立ちます。
実際には、平均14年程度で完済しているサラリーマンが多いようですから、60歳で借り入れたとしても75歳までには返すことができるでしょう。

繰上げ返済を利用して借り入れ期間を短縮する方法

住宅ローンの返済方法には、手元に余裕の資金があるときに自由に返済できる「繰り上げ返済」という制度があります。
多くのサラリーマンが繰り上げ返済を利用して、平均14年程度の短い期間で返済しています。
借入時の年齢が収入が安定してくる30歳~50歳ぐらいなので、完済年齢の平均は45歳~65歳程度となっています。
繰り上げ返済には2通りのタイプがあり、返済期間が短くなる「返済期間短縮タイプ」と、毎月の返済額を少なくできる「返済額軽減タイプ」に分かれています。
返済期間短縮タイプを選択すれば最短で返済できることになり、返済額軽減タイプを選んだ場合は期間は変わらず最長で返済することが可能です。
住宅ローンを早めに終わらせたいと考える人は返済期間短縮タイプを選びますが、余裕を持った生活をしたいと考える人は返済額軽減タイプを選択するようです。
手元に余っている現金がある場合は、返済期間短縮タイプを選べば期間を短くできますが、ギリギリの生活をしている場合は、返済額軽減タイプにしておくと負担が軽くなります。

退職金を利用して最短で一括返済する方法

完済時の上限年齢を収入がなくなる退職以降に設定して大丈夫かですが、退職金を利用すれば最短で一括返済できます。
多くの銀行は完済時の平均上限年齢を80歳としていますが、これは退職金や資産を計算に入れた上でシミュレーションした結果でしょう。
すべての人に当てはまるわけではありませんけど、退職金を計算に入れることで毎月の支払いがラクになります。
頭金を多く入れると月々の支払いがラクになりますが、退職金を計算に入れるのも同じようなものです。
ただし、住宅ローンの残高が退職金より上回っていると、返済プランに入れることが難しくなることがあります。
銀行は、返済時のあらゆるプランを考えてシミュレーションしますから、退職金を計算に入れて返済をする場合は退職金の額を計算に入れてみましょう。

Copyright c 2021 任意売却支援機構 All Rights Reserved.