qa
会社を辞めたい5つの理由と対処法

会社辞めたいと思う理由はいろいろとある

会社辞めたいと思ったことがある人はかなり多いでしょう。
なぜこのように思うのかというと、現在働いている会社に不満があるからです。不満は人によって異なりますが、多くの人が同じように考える理由も存在しています。しかし、退職してしまうと収入がなくなるので、何度か続けられるための対策を立てることも重要になります。もちろん即座に辞めて転職をするのもよい対処法だと言えるでしょう。

給料が安くて保険などの待遇が悪い

会社辞めたいと思う人の中でも、最も多いのが待遇の悪さです。
地獄の沙汰も金次第という言葉があるように、重労働であっても給料が高い、昇給もボーナスもしっかりとある会社であれば、我慢する人も多いでしょう。しかし、最初から給料が安い上に、昇給もなくてボーナスも出さないという会社も存在しているのです。しかもこのような会社に限って重労働である場合が多いのです。

給料以外にも、正社員であれば社会保険や健康保険、厚生年金や労災保険などは普通設けられているのですが、最近は加入する会社が増えているものの、まだきちんと行っていないところもあります。酷くなってくると、残業をしているのに残業代を出さない、もしくは残業代をごまかすような会社もあるのです。

これではやる気が起きない、辞めたいと思うのは当然だと言えるでしょう。
安い給料で社員をこき使いたいという社風がにじみ出ていますし、誰かが辞めたらまた採用すればよいという考えの経営者もいます。経営不振を理由に給料を下げるような会社もあるので、このようなところでは対処法も何もありません。すぐに転職をするのが最善の対策です。

人間関係があまりよくない

会社辞めたいと考える人の中で、待遇以外で比較的多い理由が人間関係です。これは会社だけではなく、学校でも同じことが言えるでしょう。学校のようにいじめがあるケースは少ないでしょうが、上司や先輩に理不尽な命令をされる、仕事以外のことでもこき使われる、無理やり何かにつき合わされるなど、嫌なことはたくさんあります。

他にも同僚とうまくなじめない、会社で孤立状態になっているという理由で辞めてしまう人もいるのですが、このような場合には、会社の社風が悪い場合もありますし、自分自身が悪い場合もあるのです。人間には話しやすい人もいれば、話しかけにくい人もいるでしょう。普段から眉間にシワを寄せているような人の場合、話そうと思っても話しかけにくいのが一般的です。

逆に笑顔でいることが多い人であれば、気軽に話しかけやすいでしょう。もしくは自分から話しかけることを殆ど行わない人もいます。まずは世間話でもよいので、自分から話しかけるように努力をするのがよい対処法になります。もし無視をされるような場合には、社風に問題があるので、精神的にきついという場合には転職も考えないといけません。

勤務時間が長くて休みが少ない

会社辞めたいと考えてしまう人の中には、仕事がきついことも理由として挙げられます。
特に勤務時間が長くて休みが少ない場合には、会社辞めたいと思うことが多いのです。
毎日のように早朝出勤や残業があり、休みも週に1日しかないなどという場合には、疲れて当然だと言えるでしょう。このような会社に限って給料が安いなど、待遇が悪いことが多いのも特徴です。

最近は過労死してしまう人が出て、社会問題化していますし、このような会社はブラック企業と呼ばれています。いきなり辞めるのではなく、まずは今の状態では体がきついということを上司や経営者に訴えてみましょう。大半の会社は甘えているだけだ、他の社員もみんなきついんだと言われるだけの場合が多いでしょうが、このような会社の特徴は、他の人も会社に文句を言っていることが多いのです。

自分1人の意見では聞いてくれなくても、複数の人と協力して訴えれば聞いてもらえる可能性も高くなるでしょう。しかし、経験が浅い人では協力してくれる人も少ないでしょうし、今の日本はトラブルを避けようとする人が多い傾向にあるので、協力してくれないことも多々あるでしょう。そうなれば退職するしかありません。

今の仕事には全くやりがいがない

会社辞めたいと思う理由には、現在の会社では働き甲斐がない、全くやりがいがないという人もいます。若い人はやりがいよりも待遇の方を大切にする人も多いのですが、年配人のはやりがいを大切にしている人もいるのです。特に毎日同じ作業ばかりやらされている、無理やり押し付けて顧客に購入させるようなことはやりたくないのに、うるさく言われるから仕方がなくやっているという人もいます。

中には自社の商品を購入する義務がある、毎日同じ物を試食させられているので嫌になったという人もいるでしょう。やりがいのない仕事というだけではなく、このような仕事だと思っていなかった、自分の仕事に誇りが持てない、他人から嫌な目で見られることが多いので、精神的に苦痛なので辞めるという人も多いのです。

特に商品開発や事務、営業や接客などの仕事は、他人から嫌がられることもありますし、単調な作業が続くので、やりがいを見いだせないことも多いと言えるでしょう。この会社にいては全然スキルの向上ができないと感じる人もいるので、暇な時間を見つけて資格を取得するという対処法もよいでしょう。そうすれば転職できる確率も高くなります。

体力的にも精神的にもきつい

会社辞めたいと思う人は年代に関係なく多いのですが、若い人は特に体力的な理由できついと感じることが多いのです。毎日残業をさせられる、自分の時間が持てない、休日出勤が多い、そもそも休日自体が少ない会社もあるでしょう。このような理由で辞める人も比較的たくさんいるのです。酷い場合には、求人票に休日120日などと書かれているのに、実際は100日もないという場合もあるのです。

残業も月平均10時間と書かれているのに、実際には100時間近くやらされたという人もいるでしょう。これでは体力的にきつくて当然です。多少きついぐらいなら慣れてくるでしょうが、極端にきつい場合にはなれることはありませんし、体を壊してしまうこともあります。このような場合の対処法は、やはり転職が最もよいと言えるでしょう。

しかし、転職ばかりしていては生活が安定しないので、仕方がなく我慢するという人もいるのですが、このような会社に入社しないための対処法を知っておくことが重要です。面接のときに詳しく聞く、事前にインターネットで調べるなどがあります。面接のときにきちんと回答してくれない場合や、怒鳴られたりする場合には断りましょう。

自分が納得できる会社はかなり少ない

会社辞めたいと考える前に、まずは自分に合っていない、ブラック企業ではないかと思う会社に入らないことが重要になります。しかし、現在の日本では、大半が自分に合っていない会社でしょうし、あまり従業員のことを考えない会社がかなり多くなっています。このような場合には、多少我慢しなければいけないこともありますが、自分が好きなことを仕事にしている会社を探すのがよい対処法です。好きなことなら多少きつくても我慢できる人が多いですし、精神的な苦痛が軽減されるでしょう。
会社辞めたいと思い始めた場合、入社したばかりであればすぐ辞める決断をしてもよいでしょう。ある程度長く務めているのであれば、対処法を練ることも考えるべきです。
会社を辞めたい5つの理由と対処法について
会社を辞めたい5つの理由と対処法について

Copyright c 2018 任意売却支援機構 All Rights Reserved.