qa
【体験談】住宅ローン返済中に無職になった人 ※3〜4人分の体験談をライティン

はじめに

住宅ローンの返済中に無職になって返済が滞ると、債権者である銀行から督促状が届きます。督促状を放置すると、競売の通知が来て後悔することになりかねませんから、早めにご自宅の任意売却について検討することをおすすめします。住宅ローンを滞納する前に、金融機関などに相談したほうが良いでしょう。住宅ローンの返済中に無職になった人の体験談をまじえながら、対処方法についてご説明します。

競売にかかる前に自宅の売却に成功(東京都M・O様50代男性)

東京都内にマンションを購入し、毎月決まった住宅ローンを返済していたところ会社の業績が悪くなり、リストラされてしまいました。
再就職先を探しましたけど、年齢が定年間近ということもあってなかなか次の職に就くことができず、住宅ローンが返済できなくなりました。
銀行から督促状が届きましたが支払いのメドが立たず、そのまま放置しているうちに競売の申し立てをするとの通知がきました。
競売だとかなり安くなってしまうということで、急いで知り合いの不動産会社に頼んで任意売却の手続きを取りました。
銀行から通知が来たときは頭がまっ白になり、自殺も考えました。しかし、銀行に相談して競売を待っていただき、任意売却という方法を採りました。
督促状を放置していたことを後悔しましたけど、競売にかかる前に無事任意売却をすることができ、自宅を売ることができてホッとしています。

うつ病で働けなくなった夫の代わりに妻が支払い(千葉県S・H様30代女性)

数年前に主人がうつ病を患い、しばらくは休職という形で自宅療養をしていましたが、治る見通しが立たなかったため離職しました。
夫は、家を買って住宅ローンを組んだことを後悔していましたけど、病気になってしまったものは仕方がありません。
私はパートで働いていましたが、私だけのお給料では主人と小学生の子供を養っていくことができず、途方に暮れました。
子供もこれからどんどんお金がかかるでしょうし、うつ病の夫を励ましながらも私自身、住宅ローンをどのようにして支払っていこうかと夜も眠れずに悩みました。
実家の両親と主人の両親に相談した結果、主人は病気が治るまで義実家で静養し、私と子供は別にアパートを借りて小学校に通わせることになりました。
住宅ローンが残っていたため自宅は売却し、残りは毎月一定の額を支払うことで債権者と話がつきました。
その後、夫のうつ病も回復に向かい、私もフルタイムのアルバイトを見つけて働いています。

両親の介護の末、二世帯住宅を手放すことを決意(埼玉県K・U様40代男性)

当時は仕事が順調で売り上げが伸びており、両親も元気だったことから住宅ローンを組み、二世帯住宅を建てて同居しました。
5年ぐらい前から、勤務先の業績悪化でボーナスが無くなり、徐々に毎月の収入が減ってきました。
経済的に苦しくなったことから妻とのケンカが増えて離婚、同時に両親の介護が始まったことで仕事を辞めることになりました。
仕事を辞めたことで住宅ローンが滞納し、金銭的に余裕がなくなったので自宅の任意売却を考え出しました。
自宅の立地が良かったせいか良い価格で売ることができ、新しく引っ越した先で両親の病状も落ち着いています。
妻と離婚したことは後悔しましたが、家を売るのがもう少し遅ければ、住宅ローンの心配と介護の心労とで精神的に持たなかったと思います。

住宅ローンの返済で後悔しないために

住宅ローンは返済期間が長いために、完済するまでに病気になったり、途中で失業してしまうこともありえます。
不動産関連の不払いを放置してそのままにしておくと、自宅が競売にかけられたり、債務者の厳しい取り立てにあったりして精神的に追い込まれます。
自宅を失うだけでなく、一家が離散するような状況になれば、後から後悔しても後悔しきれるものではありません。
何かトラブルが起こったとき、後悔しないために早めにしておきたいことは、返済が難しいとわかった時点で銀行や不動産会社などに相談することです。

状況に応じた個別のアドバイス

自宅を手放さなければならない状況は一人一人異なりますから、状況に応じて個別にアドバイスを受けることができます。
銀行に相談するなどして早めに対応すれば、返済方法が変更できたり、自宅の任意売却を考えるなどして切り抜ける方法を提案してもらえます。
後々後悔しないためにも、万が一住宅ローンが支払えなくなったときのための情報収集をしておきましょう。

まとめ

今は会社の業績が良かったとしても、10年後20年後はどうなるかわかりません。突然のリストラや病気などの理由で、住宅ローンが支払えなくなるケースが起きています。家を購入したことを後悔しそうですけど、そのときは余裕で支払えると思ったから決断したはずです。住宅ローンの支払いに困ったときには、任意売却という方法があります。家は資産のひとつですから、少しでも高く売却する方法を考えましょう。
後悔している人は少なくありませんから、ローンを返済できないと思ったら早めに相談することが大切です。住宅ローンの返済中に無職になった人の体験談をご紹介します。
後悔することのないように、無職になった場合の住宅ローンの体験談
【体験談】住宅ローン返済中に無職になった人

Copyright c 2018 任意売却支援機構 All Rights Reserved.