qa
リースバックって何?任意売却との違いとそれぞれのメリット&デメリット

リースバックとは

リースバックというのは一般にあまり聞き慣れないことばですから、それがどういうものなのかよくわからないという人が多いのではないでしょうか、大変メリットが多い分だけデメリットも大きい点がポイントです。このページでは任意売却との違いや特徴について詳しくまとめています。不動産の任意売却を検討中の方必見です。

リースバックの定義

リースバックは日本再生支援機構が提供しているサービスで、任意売却をせざるを得なくなった人たちの中で、特別な事情があって今すぐ不動産を明け渡すことができない人たちへの、究極の救済対策です。

住宅ローン滞納もしくは借入金が返済不能となってしまうと、本来なら強制競売にかけられるのですが、競売がスタートする前に任意売却という方法をとることで、ある程度実質的所有者に有利にことを運ぶことができます。ただし債権者の合意が必要です。

リースバックはこの任意売却をさらに発展させたもので、買い受け支援者に一度不動産を買い取ってもらった後に、家賃を払いながらそのまま住み続けることが可能になります。任意売却と併用しながらの利用もできるなど、特にオーバーローンをしている人には、大変有利な不動産売却方法なのです。

リースバックサービスを提供している企業はいくつもあります。日本再生支援機関を初め、一般不動産企業や金融機関も関わっています。どの企業が関わったとしても仕組みは一緒です。負債が住宅なおかローンなのかの違いです。

一般者からの負債だった場合は金融会社や不動産などいくつもの企業が関わることになりますが、いずれにせよ住宅やオフィスを負債返済に拠出することにかわりありませんから、最終的には不動産会社と任意売却した場合はその買い手との取引になります。

リースバックが適用されれば持ち家やオフィスが第三者に、所有権もろとも譲渡されるわけですから実質的には私有財産でなくなることにかわりありません。継続して利用し続けることができる点と、将来的に買い戻せ期待が持てるという意味では、負債を多額に抱えた人にとって心理的負担が軽くはなります。

ここまで聞くといいことずくめの不動産売却方法に思えるのですが、何事も裏と表がありますから、しっかりデメリットも考慮した上での判断が重要です。後から悔いが残らないためにもしっかりと本質を見極めた上で選択した方が無難です。

リースバックの対象

リースバックは多額な負債を負っている人に大変有利な返済方法なのですが、誰でも対応可能というわけにはいきません。

リースバックが適用されるのは子どもがまだ小さいために、今すぐ学校を変えるのは子どもに与える影響が大きく、すぐには引っ越しができないといった人や、事業登録をすぐには解消するのは困難、買い手がみつからないといった困難な状況を抱えていると、認められる人がほとんどです。

このまましばらく住み続けたい、住み続ける以外に解決策がないといったのっぴきならない諸事情を抱えているひとたちが多く、本来の任意売却の形から考えるとかなり緩さが目立つ負債の返済方法です。

中にはペットとの暮らしをこのままここで続けたいという人や、事業融資で多額の負債を抱えてしまったので効率よく返済したいという人、老後資金のためにといった理由で利用する人もいますから、けして重篤な事情を抱えた人ばかりではなく、手軽に利用されている状況も見えてきます。

最もペットといえば犬や猫が日本では多いのですが、家を傷つけたり吠え声が近所迷惑になりやすいこともあって、手軽な引っ越しがしにくい現状があります。海外のように広大な土地が少ない日本ならではの違いの事情もありますから、リースバックはある意味日本人にあった不動産売却方法でもあります。

ペットとの生活を引っ越しできない理由にあげられる背景には、動物愛護の思想が国内でも広がっていて、ペットも家族の一員と考える人が増えてきた事もあります。

最も利用頻度が高いのはやはり簡単には返し切れな高額な負債を抱えた人たちではないでしょうか。とりわけ日本では高齢者の貧困や親の介護が原因で破産する人が増えているなど、社会不安も広がっていますから、最悪な状況に立たされている人は特に、不動産会社や投資会社などに相談してみるのが賢明でしょう。

リースバックは任意売却の延長線上にあるように、債務を長期滞納している人の救済活動との面も強いですから、売却するメリットが十分認識できても、以上のような理由で引っ越しができないという人たちへの、究極の救済対策なのです。

実際多重債務で自己破産を選択する人も増えている現状に、危機感を覚える一部の専門家らにも推奨されている方法でもありますから、選択肢に入れておいてみてはいかがでしょうか。

リースバックとの任意売却との違い

リースバックは任意売却と平行して実施できますから、なかなか買い手が見つからず返済もスムーズにいかないという時には特に利用されます。競売は所有者の事情に関係なく負債者のペースで実施されますが、実際はそうそう買い手が見つからないことも多く、手続きも手間がかかります。

実際売却される不動産の価値が低い場合は、期待通りの価格で売却されるとは限りませんから、債権者にとっても所有者にとってもストレスが大きいのが難点です、特に所有者がすぐには引っ越しができない事情にある場合はなおさら、回収リスクが高まります。

リーズバックは所有者の生存権を最優先にして実施されるという意味では、大変弱者に寛大な方法ともいえます。

ここで問題なのは任意売却もいちおう買い手がちくまではそのまま住み続けることができますから、リースバックとの違いが見えにくい面があります。なんとなく任意売却よりも人に優しいという印象を受けますが、具体的にどこがどういった違いがあるのかは、素人にはわかりにくい面があります。

きちん理解できるまではおいそれと手がでないという人も多いはずです。もしかしたらリースバックを利用することで様々な恩恵を受けられるはずなのに、まったく知らぬまま苦境に埋没してしまうのはもったいないことをしています。

ここで任意売却との違いを明確にしておく必要があります。競売は持ち主の意志と無関係に不動産の売却が進行しますから、今の事情がどうあれ売れれば即明け渡しがされなければなりません。任意売却はあくまでも任意の売却ですからかなり所有者の意志が尊重されそのまま住み続けるこいとができますし、一定の条件のもとでの売却も可能です。

実際競売にかけてもすぐ売れるとは限らず何年もかかることも多いのです。仮に売却できても不動産の価値いかんによって安くたたかれるリスクも伴うのです。その点任意売却なら金融会社や保証会社とじっくり相談しながらの売却が可能なのです。

ただし話し合いが決裂してしまう場合もあり、やはり時間がかかりますし、必ずしも所有者の意志が反映されないのが現状です。ここでリースバックの登場です。

それならばいったん売却という形にして、実質的に不動産を手放すことにはなりますが、再度賃貸契約を結んでから状況が好転するまでの間、そのまま使い続けることができるのがリースバックです。賃貸契約があるかないかが、任意売却との大きな違いでメリットがあります。

リースバックは所有者に優しい

多額な負債を負っているリースバック依頼者は投資家や一般購入者など買い手と賃貸契約を締結し、家賃を支払いながらそのまま継続して不動産を使い続けることになります。家賃をきちんと支払い続けている限り債務の減免や場合によっては債務が免除されます。

一方借入先金融機関は保証会社に債権譲渡され、実際の債権者は保証会社になります。実質的な買い手との交渉は対象不動産会社との間で行われますから、買い手とリースバック対象者が保証会社と直接会社と交渉することはありません。

リースバック依頼者は不動産経由で買い手への所有権譲渡や任意売却が行われ、新たな大家となった買い手に家賃を支払うことになります。実質的所有者であり大家となった買い手と不動産会社、そしてリースバック依頼者との三者交渉が、長く続くことになります。

リースバックを選択する負債者の理由を確認した段階では、借金返済や資金調達に苦慮しているのは事実ながらもペットとの生活や老後資金あるいは、子どもの教育資金の捻出など、単に借金返済というだけではなく、日常的に繰り返されてきた生活が一気に崩壊してしまうことを受け入れられない、今すぐ生活スタイルを180度変えることが困難な状況が見えてきます。

生活のすべてを奪われることなく、日常的な部分を残したまま借金返済ができる方法という印象を受ける人も多いことでしょう。ある意味借金返済というシビアな面がかなり緩和された形とも理解できます。

借金を抱えるのは自己責任という意味でいけば、無責任で自己管理ができない人たちとのイメージをもちがちですが、なるべく文化的で人間らしい生活を維持できるようにとの、コンセプトが見え隠れしている不動産売却のメリットになっています。

実際任意売却でもうまく軌道に乗せられなかった人たちを対象に、利用者が増えているのです。今不動産売却を検討中ならメリットや違いも含めて選択肢にいれておいてもいいのではないでしょうか。

リースバックのメリット

ここでリースバックのメリットを検討してみましょう、リースバックを選択する人の理由は様々です。ペットとの生活があるため簡単に引っ越しができない、子どもの教育資金をためたい、事業資金を捻出したい、借金返済にあてたい、あるいは老後の生活資金をためたいといった、保険の代行もしくは銀行融資の代行とったような印象を受けます、

保険やローン利用よりも有利な使い方ができそうに思えます。実際リースバックを利用することで可能になることがいくつもあります。今のまま持ち家やオフィスを使い続けることができるというのは大きなメリットになります。

直接の交渉は不動産会社との間で行われますから、自分で買い手を探す手間が不要です。しかも買い手からは現金一括で購入代金がはいってきます、そのお金がそのまま借金返済にまわせます。したがって引っ越しの手間一切おらず、子どもも学区を変える必要一切ないのです。

実際に住んでいるのですがらまさ不動産が売却されているなどとは、よほどのことが内限り周囲が気づくことがありません。住民票ないし戸籍をわざわざ調べる人もいないでしょう。今は自分の持ち家ではないのですが、いつでも買い戻せる希望がのこされています。もちろん家族もそのまま同居できます。

これだけ考えるとへたに家を売って賃貸住宅に住むよりもメリットが大きいことがわかります。さらに借金が免除される場合もあり得ますから、そのまま仕事を続けながら事業資金や借金返済および子どもの教育資金、老後の生活資金を余裕で貯蓄もできます。

これだけ良いことがあるのですから、任意売却との違いもあり、もっと多くの人が利用すれば良いのにとさえ思いますが、利用するための条件はあるのでしょうか。あるとすればどのような条件になるのいかとても気になります。子どもへの遺産も残してあげたいと思いをふくらませている人も、ぜひ条件を確認してみてください。

利用条件

リースバックのメリットとも思えるポイントはまだまだあります。年齢制限がありませんから極端な話ですが未成年者でも利用できます。ですから突然両親や家族を一度になくしたとしても、そのまま字自宅に住むことができるのです。

リースバックで回収できた資金は何に使っても自由です。借金返済でも良いですし事業資金に使おうが老後の生活資金にしょうが、すべて自分の思うがままです。対象となるのは一般住宅でも工場でもなんでもいいのです。古かろうがあたらしかろうが無関係です。

実に自由度が高い不動産売却の方法ですから、だったら今すぐ自分の家を売ってしまおうと考える前に重要なことを見落としています。現在多額の借金をかかえて首がまわらなくなっている人を対象に、救済対策として誕生した制度である点です。

目的はあくまでも借金返済が大前提ですから、不動産を売却した後に入ってくる代金が、借金を全額返済できてなお残額もたっぷりなければなりませんが、借金の形に売却された不動産を条件の良い金額で買ってくれる人がいるのかどうかは不明です。

場合によっては安くたたかれる場合もあるのです。借金返済目的の賃貸契約は買い手に有利に進む結果かなり割高になる場合もあります。状況が好転したら買い戻しが確かに可能ですが、時価での支払いになるゆえに、初めに買った時よりも高い売値になっている場合だってあるのです。

余裕で借金返済できると高をくくっていた人たちにはお気の毒ですが、けして悠々自適とはいかない厳しい生活が待っていると覚悟しておいた方が無難です。高齢になってからのリースバック利は先が短いという意味では、逆に利用しづらいかもしれません。任意売却との違いを理解して利用しましょう。

借金の理由に住宅購入も

事業資金を銀行など金融機関に依頼する時に持ち家や事務所を担保に借りるという人が多いのではないでしょうか。さらに今どき住宅購入を行う人も少ないのですが、いないわけではありません。人生の三大贅沢の1つといわれているように、住宅購入が可能となって破産宣告する人もいるのです。

事業がうまくまわらなくなって持ち家を担保に取られるケースもめずらしくありませんが、次の転職がきまらなければ借金返済もままならなくなりますし、家族がばらばらになるかもしれないのです、そうした苦境にたたされている人にとって、リースバックは確かに魅力です。しかし、任意売却とのメリットも同時に考える必要があります。

借金のワースト1は、低所得者による生活苦から借金を抱える人たちで半数以上をしめているのですが、バブルがはじけた頃は、住宅購入による負債者もかなり多かったのです。年々減ってきてはいますがギャンブルや浪費よりも多いのです。

実際借金を抱えて生活苦に陥る人たちに共通しているのは、まじめに生きてきた人たちという点です。利用条件があって、使える人は限られてくるものの先の見通しがたちやすいという意味では、ぜひ利用すべき人たちに利用してほしい制度には違いありません。

事業資金など様々な理由で負債を抱えてしまったという人の多額負債者も高いですから、こうした人たちにも、利用価値が高いといえます。ちなみに低所得者は2014年度現在で実に全国民の6割に達しています。

住宅購入による負債者も2割近い状態です。いずれのケースでも増え続けている現状がありますから、利リースバックは生まれるべくして生まれてきた制度といえます。まずこうした人たちに最優先に利用してほしい制度でもあります。リースバックの導入は経済回復の起爆剤となるのでしょうか。

リースバックを利用する場合の注意点

リースバックは原則としてオーバーローンが対象なのですが、自分の持ち家に住み続けるためには、賃貸契約をして家賃を払い続けることになりますから、安定した収入がなければ難しくなります。ただし年収や職種は不問ですから、高齢者や障害者でも年金があれば可能です。この点は厳重に審査されますから、審査を通過しなければ利用は難しいでしょう。

同居する家族がいる場合は同居人すべてが共同名義人になるわけですから、全員の同意が必要になります。賃貸契約は同居人も同席し捺印や署名による契約です。もし一人でも反対者がいれば契約は不可となりますからご注意ください。

原則として任意売却と同時進行で実施できるとされているのですが、実際は任意売却によって借金が完済されていることが条件になり、金融関係者への借金返済が滞ったゆえの任意売却処理が今だに継続されていると、リース契約が不利になることがあるのです。

あくまでも任意売却は一般人対象であり、不動産業者どまりで、買い手がついていない状況では利用が難しいのです。

リースバックは買い手がついた時に利用可能となる制度ですから、実際は成立するのに時間がかかります。審査は不動産購入者にも実施されますから、信用度の少ない人には売却されません。将来的に買い戻す契約を交わしている場合に限って、買い戻しがされます。

初期段階でそのような契約になっていなければ購入者はいつでも不動産を転売できのです。現実問題、リースバックを悪用した詐欺もおこっております。リースバックを利用できるためには、基礎知識も必要ですから、やはり不動産業者など信頼できる専門家に頼み、間に入ってもらうのが無難です。そして違いやメリットをきちんと把握しましょう。

リースバックと任意売却の無料相談

リースバックと任意売却の違いをネットや話から把握していても実際に利用してみると知らない点が多かったということがよくあります。特にメリットの面も考えないと利用するか迷ってしまう点でもあるので、専門家に相談することが重要です。

リースバックと任意売却を専用に扱っている所があり、相談だけであれば無料で対応してくれるところがあります。こちらで相談するとリースバックがいいのか、任意売却がいいのかという判断材料を集めることも可能です。

またリーズバックは様々な条件が存在するため、専門家により詳しい調査を実施していただき、実際に利用できるのかという事前に調べておく必要があるものであります。そのためまずは無料の専門家に相談するといった形でリースバックとは何かということを詳しく理解することが快適に利用するために欠かせないこととなっています。

リースバックを利用するのに労働形態は関係ない

リースバックは自宅売却後に賃貸契約を結んで、飼い主さんに家賃をお支払いするのですが、労働形態にこだわらないというのがいいところです。パートやアルバイトや年金生活の方でも利用することができます。現在の不安定な労働環境の中すごく魅力的な点でもあるのです。

そして、リースバックの家賃はどのくらいの価格で売るのかということで、月々のお支払い家賃を決めることができます。こちらは実際に家を売る際に自分の経済状況と照らし合わせながら無理のない返済ができる方向で行くことが重要です。

任意売却とリースバックの違いはたとえ相手に家を売っても、変わらず自分の家に住めることが一番のメリットとなっています。しかしながら、毎月かかる家賃は自分たちが快適に生活できる範囲内のお支払いしないとリースバックのメリットがなくなってしまいます。

リースバックを利用するためには色々と条件も必要ですが、それ以上に実際にリースバックを利用するとなったらどのようにしていったら楽しく生活できるかと一番に考えましょう。特にパート・アルバイトでも利用できる制度なので、自由気ままに仕事をしながら自分の家を持つことも可能なのです。これからの生活が楽しくなるでしょう。

リースバック利用は慎重に

リースバックは条件があえば大変利用価値の高い制度なのですが、素人が自分一人で取り引きするのは、かなりハードルの高さが目立ちます。実際知識がないのを悪用して不動産をだましと詐欺もありますから、まずは信頼できる不動産業者に仲介してもらうのが無難です。

実績があり取扱件数も多いところが安心です。住宅購入信用機関なら多くの取引を体験しているはずですし、安心感も違うはずです。

Copyright c 2018 任意売却支援機構 All Rights Reserved.