qa
上手な家計見直しと貯金のコツ

家計を見直して貯金を増やすにはどうしたらよいのか

家計の見直しをすることで、貯金を増やすことは可能です。
しかし、どのようなことでも見直せるわけではありません。改善できる点とできない点があるので、これを明確にしておくことも大切です。近年は物価高や増税、労働環境の悪化などによって生活が苦しくなっているので、このような家計の見直しはさらに重要性を増していると言えるでしょう。

電気代の無駄をなくして負担を減らす

家計を圧迫している1つに光熱費があります。特に電気代は最も高くなる傾向にあるので、できる限り節約をする必要があります。電気代を節約するには、無駄な電力を使わないようにすることが重要ですが、実はあまりできていません。寒い季節や暑い季節にエアコンを使わないようにする方法は、体を壊してしまうので行うべきではないでしょう。

特に暑い時期にエアコンを使わないと、熱中症になる危険性があります。よってエアコンは冷房なら少し温度を高くする、暖房なら少し温度を低くして使いましょう。これだけでも節約になるのです。使用しない電化製品は、コンセントを抜いておくようにしましょう。全く電源を入れていなくても、コンセントを入れた状態でいると電力を消費してしまうのです。

現在では省エネの家電が多く出ているので、時機を見て買い換えるのもよいでしょう。
できる限り電気の消費が少ない物を選ぶことをおすすめします。夜更かしは体に悪い上に、余計に電力を使うので控えるべきです。このようなちょっとした努力でも、長期的に見るとかなりの節約になると言えるでしょう。そうすれば僅かでも貯金に回せます。

ガス代を節約する方法はあるのか

家計に打撃を与えることが多い光熱費の中には、ガス代も含まれています。
現在ではオール電化の家もあるので、ガスを全く使っていない場合にはあまり関係ありません。また、都市ガスとプロパンガスでは値段が異なってきますが、賃貸住宅では対策することできないので、できる限りガスの使用を控えることが必要になるでしょう。

しかし、ガスというのは水道や電気とは違い、あまり節約できるところがありません。夏場であれば風呂の温度を下げて使えば節約になるでしょうが、冬に温度を下げて風呂を沸かすと、湯冷めをして風邪をひく可能性もあります。これでは本末転倒なので、冬場はしっかりと温まりましょう。家族がいる場合には、追い炊きをしないことで節約が可能です。

風呂の蓋をすぐにしめておくことで、温度が下がるのをある程度防止できます。料理もあまり節約できることは少ないのですが、余熱を利用して調理をすることで節約が可能です。そのためには、保温性の高い鍋を使って調理するなどの工夫が必要です。ガス代の支払いをクレジットカードに変更することでも若干安くなるでしょう。

水道代もきっちりと節約すれば貯金が増える

家計の見直しをする場合には、水道代にも注意しないといけません。食器を洗うときなどは、水を流しっぱなしにする人もいますが、面倒でもこまめに止めておくべきでしょう。もしくは少し大きな入れ物に水を溜めておくことで、洗剤を流す以外に水を使わないで済みます。シャワーを使うときにもむやみに流すのを控えることで、水道代だけではなくガス代の節約にもなるでしょう。

洗濯をする場合でも水道代の節約が可能です。最初は水道から水を流すのではなく、風呂の残り水を使う方法がおすすめできます。そうすることでかなり水の量を減らすことができます。すすぎは当然新しい水を使わないと衛生的にも悪いので、この点は節約できません。トイレを使うときにも注意が必要です。

小便なのに大量の水を流す人もいるでしょうが、これも水の無駄遣いになります。大と小で使い分けが可能なトイレが多いので、必ず使い分けるようにしましょう。このように水道をはじめ、ガスや電気の使い方の見直しをするだけでもかなり光熱費を減らせますので、その分貯金に回すことも不可能ではありません。

現在加入している保険を見直す

家計の見直しを行うのと同時に、現在加入している保険の見直しも行ってみましょう。
保険はいろいろな業者が取り扱っていますし、種類もかなり多くなっています。加入できるプランも増加しているので、1度見直しを行うことで保険料を安くできる可能性もあるのです。もちろん安くしたからと言って、いざというときに支給される保険料が安くなる、もしくは貰えなくなるようでは意味がありません。

このようなときには、保険について相談を行える窓口などを利用するのがよいでしょう。相談をするだけなら無料で行えますし、相談をしたからと言って、必ずしも保険の加入をしなければいけないわけではありません。例えば1人暮らしなのに死亡保険に加入している、無駄な特約が付けられているので保険料が高いなどがあります。

無駄を少し省くだけでも、保険料というのは安くなることがあるのです。同じ種類の保険に2つ加入しているのもあまり賢いとは言えません。一般的な保険料よりも高い保険料が貰いたい場合には、同じ会社でもっと保険料の高いプランに加入した方がお得な場合もあるのです。保険の見直しを行うだけでも、貯金が増える可能性は十分あります。

外食を控えて家で料理をする

家計の見直しで重要な点は、食費をどのようにして減らすのかですが、安易に減らすと栄養のバランスが偏ってしまうのでよくありません。そこで外食を減らして家で料理をするという方法がよいでしょう。家で料理をするとガス代がかかるから意味がないと思う人もいるでしょうが、外食費に比べればかなり安くて済むでしょう。

最近は物価高で食材の値段も高騰しているので、飲食店も値上げを行っているところが多いのです。そのため、家で料理を作った方がかなり安上がりで済むでしょう。働いている人はどうしても外食が増えてしまう場合もありますが、上司や先輩からの誘いでは断りにくいでしょう。しかし、日本の場合には上司や先輩がおごってくれることが多いので、特に問題はありません。

問題なのは後輩や部下に連れて行ってほしいと言われた場合や、同僚で飲み会などを行う場合、会費を徴収されることもある点です。付き合いが悪いと思われたくない人も多いので、ゼロにするのではなくほどほどにしておきましょう。外食を今までの半分にするだけでも、かなり経費の節約ができるので、その分を貯金すればお金も若干溜まりやすくなるでしょう。

明確な目標をもって貯金をする

家計の見直しを行うことも大切ですが、貯金を増やすことが最終的な目標なので、やはり毎月いくら以上は必ず貯金をするという明確な目標を持つことが大切になります。
もちろん無理な目標を立てては全く意味がないので、確実に行えるという金額を出すことが重要でしょう。まずは家計簿をつけてみて、毎月どれぐらい使用しているのかを確認します。

次に無駄に使用しているお金はないか見直しを行ってみましょう。それでどれぐらい黒字になっているのかを知るのです。赤字になっているようでは貯金できませんので、どの程度削減できるのか計算してみましょう。不景気で給料もあまり上がらない現在では、必ずしも黒字になるとは限りません。しかし、見直しを行えば黒字になることはあります。

もし毎月2万円の黒字になったとしますが、この場合に毎月2万円は必ず貯金をするという目標にしてしまうと、万が一生活費以外のお金が必要になった場合、貯金できなくなってしまうでしょう。そのため、毎月1万円貯金すると決めておくべきです。そうすれば目標を達成しやすくなるでしょう。このように無理のない目標を立てることで、貯金をするという意欲が湧いてくるのです。

無理をしない程度に副業を行う

家計の見直しをしているとわかるでしょうが、お金が足りなくなる理由というのは、単純に給料が少ないからです。しかし、近年では正規雇用の数がどんどん減少し、非正規雇用が増えているので待遇が悪化しています。正規雇用でも昇給しない、ボーナスが出ないということがよくあるのです。これでは貯金ができなくなるのは当然ですし、転職をしてもよい会社に就職できる可能性は極めて低いと言えるでしょう。

そこで無理のない程度に副業を行い、現在貰っている給料にプラスして稼げれば、収入そのものを増やすことができます。収入が増えれば貯金もできるので、とてもよいことなのですが、重要なのは無理をしないことです。無理をして体を壊してしまい、病院に行くようでは意味がありません。あくまで可能な範囲で行うことが大切です。

行う副業の種類によっては、本業を超えてしまうこともあるでしょう。そうした場合には副業を本業に変え、待遇の悪い会社を辞めてしまうという選択肢もあります。そうすれば今まで副業で稼いでいた金額よりもさらに高い売り上げを出すことも不可能ではありません。

可能なら自ら会社を経営する

家計を見直して上手に貯金を増やしていくためには、収入アップが早道です。しかし、今のままでは難しいと感じたら、自分で会社を経営する方法もよいでしょう。現在は昔と違い、資本金が1円でも開業が可能です。法人ではなくても個人で経営することも可能です。もちろん収入が安定しないなど苦労もあるでしょうが、手に職があって高い技術や知識があれば、いつまでも会社でこき使われているのではなく、自分が経営者になった方がよい場合もあるのです。

収入増が難しいので使うお金を減らす

家計の見直しを行う理由は、今の世の中では収入そのものを増やすことがとても難しいからです。収入が変わらないのであれば、使用するお金を減らすしか方法はありません。もちろん現在の経済状況でも貯金をする余裕が十分にあるなら話は別です。しかし、経済的に余裕がある人というのは少なくなっているので、出ていくお金を減らす方法を検討しないといけません。その方法はいろいろとあるので、まずは簡単なことから実践していきましょう。
家計を上手に見直して、貯金を今よりも増やすのはそう簡単なことではありません。できることから実践していき、長期的に行うことで成功する可能性を上げられます。
家計の見直しを上手に行って貯金を増やす手段をご紹介
家計の見直しを上手に行って貯金を増やす手段をご紹介

Copyright c 2018 任意売却支援機構 All Rights Reserved.